相続の流れ

相続の流れ

相続は被相続人が、亡くなったときから開始されます。財産の分割等は被相続人や相続人の意見等を尊重することを優先して考えられています。
以下は、相続手続き全体の流れを、わかりやすく図にしたものです。

遺言書の有無を確認してから
相続の手続きが必要です。遺言とは?

遺言書の有無によって、
相続人や相続分が変わってきます。

相続では、遺言書が優先されますが、
それにも一定の制限が設けられています。
遺留分とは?  法定相続人とは?

相続遺産には、不動産や預貯金の他、
借金などの負債も含まれます。
相続税の課税対象となる財産

相続人全員の話し合いによる
遺産分割協議書の作成をします。

話し合いがまとまらない時は、
家庭裁判所で解決します。

遺産分割が決定した後に、
相続税の計算をします。
相続税対策とは?

相続人は、相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内に、相続税の申告と納付を行わなければなりません。

みその税理士法人 福重会計 営業時間:平日9時~18時 TEL 048-812-0001

ご相談・お問い合せ