相続税対策

相続税の節税方法

  • 生前贈与は今ある財産を相続人に贈与することにより、相続財産の絶対量を減らす方法で、相続税対策の基本です。贈与の方法も現在様々な方法があり、活用方法を間違えてしまうと余分な税金を納めてしまう恐れがあります。あなたにあった贈与方法をここで探してみて下さい。

  • 自宅の土地評価は80%減額できます。ただし相続する人によっては減額できない場合もあります。遺産分割を行う前にもう一度考えてみて下さい。

  • 生命保険の契約の仕方によっては効果的な節税が可能です。逆に契約の仕方を間違ってしまったら余分な税金が発生してしまいます。それではどのような契約方法が有効なのでしょう?

  • 多くの土地を所有する資産家にとって、土地を有効活用していないと思わぬ多額の税金を納めることとなります。それでは有効な土地活用法とはどのようなものでしょう?

  • 基礎控除額を拡げる方法は?相続税のかからない財産は?など、節税に直接響く対策を挙げてみました。

相続税対策の「3つのポイント」

相続税における最も重要なポイントは、「節税対策」「納税資金対策」「争族対策」の3つです。

節税対策
生前対策

生前贈与を利用して相続財産そのものを減らす方法です。

  • 暦年課税制度は110万円の基礎控除があります。
  • 相続時精算課税制度は2,500万円の特別控除があります。
  • 孫の教育資金1,500万円まで非課税で贈与できる特例が創設されました。(27.12.31まで)

相続発生後対策(例えば宅地に関して)

  • 形がいびつである分を評価減、前面道路がセットバックの対象予定道路であることを市役所にて確認し評価減
  • 近隣に対して面積が広大で広大地要件を満たすことから、47.7%の評価減
  • 宅地化した場合の造成費を見積もり評価減、前面の路線価を実態に即し独自計算、税務署確認の上適用評価減
  • 明らかに実態と路線価がかけ離れていたため、不動産鑑定士に鑑定依頼、広大地よりさらに評価減
納税資金対策

生命保険等を活用して、不動産を譲渡または物納することなく相続税の納税を完結させることを考えます。やむなく不動産の売却をせざる負えないときは、系列不動産会社によるコンサルティングをご案内することも可能です。

争族対策

ご遺族同士の骨肉の争いは、後に家族が疎遠になるなど不幸な事態を招きます。争族を未然に防ぐために遺言を活用したり、残された人の負担を少しでも軽くし、不満を和らげ相続に直面してから慌てることのない様事前対策をしていきます。

最適な相続対策のために

相続前から万全のサポート

相続対策は、お客様の状況によってそれぞれ異なります。
当事務所では、お客様に合った最適な相続対策を幅広く提案し、相続発生前から相続登記まで、トータルでサポートいたします。


みその税理士法人 福重会計 営業時間:平日9時~18時 TEL 048-812-0001

ご相談・お問い合せ