遺産分割の方法

遺産分割とは?

お亡くなりになった方が遺言を残していなかった場合、お亡くなりになった方の財産を誰がどの財産を取得するかを決める手続きです。

遺産分割のルール

一言で遺産分割といっても、相続人の人数、遺産の種類、家族関係、生前のお世話の多寡などなどによって様々なケースがあります。
そこで遺産分割のルールを簡単にご説明します。

誰が遺産分割に参加するの?
全ての相続人が参加することになります。


いつ分割するの?
いつまでにしなければならないという期限はありません。
ただし相続開始日から10ヵ月以内に行う相続税の申告までに分割協議が整っていないと税額軽減の適用を受けられなくなります。



揉めてしまって分割がまとまらないと?
家庭裁判所の調停にて分割を行います。調停でも協議がまとまらない場合、遺産分割審判申立書を提出し、審判となります。

他にも沢山のルールがありますが、遺産分割協議がまとまった段階で遺産分割協議書を作成し、全ての相続人が記名、押印します。

遺産分割のむずかしいところ

遺産の多い少ない以外にもトラブルの原因が

  • 単純に分割する遺産の多い少ないだけでなく、過去からの心情もからんでしまい、話が明後日の方向にいくことも…
  • 他にも借金を遺された、相続をしたくない、相続人が認知症を患っていたり、未成年だったり…

そんなときは第三者の話をきいてみるのも一つの手かと思いますので遺産分割で迷った際には一度ご連絡ください。

みその税理士法人 福重会計 営業時間:平日9時~18時 TEL 048-812-0001

ご相談・お問い合せ